コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口仙得 さかぐち せんとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口仙得 さかぐち-せんとく

1801-1867? 江戸時代後期の囲碁棋士。
享和元年生まれ。7代安井仙角にまなび,安井仙知の影響をうける。師の生家坂口家をつぎ,江戸にすむ。天保(てんぽう)9年7段となり,御城碁をつとめる。天保四傑のひとり。仙得家には門外不出の御城碁の棋譜が完備し,本因坊秀和が毎日かよってすべて筆写したという。慶応3年?死去。67歳?本姓は荻野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂口仙得の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android