コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂崎成政 さかざき・なりまさ

1件 の用語解説(坂崎成政の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

坂崎成政

没年:元和2(1616)
生年:生年不詳
江戸前期の石見国津和野藩(島根県鹿足郡津和野町)藩主。直盛ともいう。左京亮,のち出羽守と称す。もと宇喜多秀家の老臣であったが,慶長4(1599)年,内紛のため宇喜多家を退去。翌5年の関ケ原の戦では東軍に従って軍功をあげ,翌年,津和野藩主となり3万石。元和1(1615)年,大坂夏の陣で,城から逃れた豊臣秀頼の室千姫(徳川秀忠の娘)を保護し,徳川家康の陣まで送り届けた。翌2年9月,千姫が本多忠刻に再嫁する際,輿を奪おうとしたが,自邸を幕府軍に包囲され自害した。一説によると,救出した者に千姫を与えるという徳川家康の約束を,秀忠が反古にしたための行動という。

(山本博文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂崎成政の関連キーワード山本琴谷津和野加藤達亀井茲親亀井茲尚亀井茲延亀井矩賢亀井政矩多胡真清多胡真益

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone