コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠刻 ほんだ ただとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠刻 ほんだ-ただとき

1596-1626 江戸時代前期の大名。
慶長元年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主本多忠政の長男。本多忠勝(ただかつ)の孫。元和(げんな)2年豊臣秀頼(ひでより)の未亡人千姫(せんひめ)と結婚。3年父が播磨(はりま)(兵庫県)姫路にうつされた際,10万石をあたえられ姫路城部屋住み。寛永3年5月7日死去。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠刻の関連キーワード池田光政妻北勢[町]坂崎出羽守池田光政坂崎直盛坂崎成政満徳寺俊澄勝姫

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android