コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠刻 ほんだ ただとき

1件 の用語解説(本多忠刻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠刻 ほんだ-ただとき

1596-1626 江戸時代前期の大名。
慶長元年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主本多忠政の長男。本多忠勝(ただかつ)の孫。元和(げんな)2年豊臣秀頼(ひでより)の未亡人千姫(せんひめ)と結婚。3年父が播磨(はりま)(兵庫県)姫路にうつされた際,10万石をあたえられ姫路城部屋住み。寛永3年5月7日死去。31歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本多忠刻の関連キーワード織田信良勝継包保(初代)久慾金春元信酒井直次城松竹谷彦兵衛内藤政晴米津田盛

本多忠刻の関連情報