コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠刻 ほんだ ただとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠刻 ほんだ-ただとき

1596-1626 江戸時代前期の大名。
慶長元年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主本多忠政の長男。本多忠勝(ただかつ)の孫。元和(げんな)2年豊臣秀頼(ひでより)の未亡人千姫(せんひめ)と結婚。3年父が播磨(はりま)(兵庫県)姫路にうつされた際,10万石をあたえられ姫路城部屋住み。寛永3年5月7日死去。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android