老臣(読み)ろうしん

精選版 日本国語大辞典「老臣」の解説

ろう‐しん ラウ‥【老臣】

〘名〙
① 年老いた臣。
※本朝麗藻(1010か)下・冬日〈略〉聴第一皇子始読御注孝経応教詩〈藤原伊周〉「老臣在座私相語、我后少年学此文」 〔杜甫‐上韋左相詩〕
② 老功の臣。また、身分、地位の高い家臣。重職にある家臣。
※太平記(14C後)一「御前に候ける老臣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android