コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂戸氏 さかどうじ

1件 の用語解説(坂戸氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さかどうじ【坂戸氏】

文徳源氏を称する河内の中世武士。同国坂門(戸)牧を本拠とする。坂戸との関係は11世紀ごろからで,源公則(越前国押領使藤原伊傅の子で文徳源氏章経の養子)の息忠念が坂戸に住したことがみえる。公則は藤原道長の家司で河内守でもあったから,その関係で河内に基盤をもったと思われる。忠念の子信季,孫康季も坂戸を本領とし,以後この流が坂戸源氏と号するようになった。康季は白河上皇の最初の北面に召され,続いて息季範・近康も白河・鳥羽院の北面となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂戸氏の関連キーワード亀井氏河内源氏復氏(ふくし)嵯峨源氏紫明抄畠山文徳石川義兼吉良義叔

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone