コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応仁記 おうにんき

3件 の用語解説(応仁記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応仁記
おうにんき

2巻。応仁の乱に関する戦記。作者,成立年代は不詳。足利将軍家や管領家の内紛事情,洛中戦の状況などを詳述する。なお類書としては,いずれも作者不詳であるが,『応仁略記』『応仁別記』をあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうにんき【応仁記】

応仁の乱の原因と洛中合戦のようす,東軍細川勝元,西軍山名宗全の死に至る模様を述べた室町時代の戦記物。3巻。作者不明。1473年(文明5)の両軍大将の死後まもなく作られたとする説と,このころに原形ができ16世紀中ごろ完成したとする説がある。漢字交じりのかたかな文で《太平記》の影響を受けており,儒教的な色彩も濃く見られる。本記は《応仁別記》《応仁略記》とともに《群書類従》に収められている。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応仁記
おうにんき

室町時代後期の戦記物。流布本は3巻3冊。作者、成立年ともに不明。応仁の乱の経過を『太平記(たいへいき)』に倣って叙述したものであるが、文学的価値は低い。本編は「乱前御晴之事」以下30段に分かれ、乱の原因とみられた将軍足利義政(あしかがよしまさ)の失政から筆を進め、1473年(文明5)に山名持豊(やまなもちとよ)が死去する条(くだり)までを内容とする。戦記物だけに史料的価値は全面的には信用できない。しかし、原形は乱当時の記録をもとにして記されたと考えられ、幾度か転写の段階での潤色が認められるものの、他の戦記類に比すれば概して信憑(しんぴょう)性は高いと推定される。最古の写本は竜門文庫所蔵の永禄(えいろく)6年(1563)の奥書のあるもので、寛永(かんえい)古活字本は各地に残存している。『群書類従』合戦部に収録。[今谷 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応仁記の関連キーワード細川茂之応仁の乱遠因中合い・中合碧山日録花の乱夜久野[町]中村〈市〉島津立久応仁・文明の乱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone