コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応仁記 おうにんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応仁記
おうにんき

2巻。応仁の乱に関する戦記。作者,成立年代は不詳。足利将軍家や管領家の内紛事情,洛中戦の状況などを詳述する。なお類書としては,いずれも作者不詳であるが,『応仁略記』『応仁別記』をあげられる。『群書類従』に所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうにんき【応仁記】

応仁の乱の原因と洛中合戦のようす,東軍細川勝元,西軍山名宗全の死に至る模様を述べた室町時代の戦記物。3巻。作者不明。1473年(文明5)の両軍大将の死後まもなく作られたとする説と,このころに原形ができ16世紀中ごろ完成したとする説がある。漢字交じりのかたかな文で《太平記》の影響を受けており,儒教的な色彩も濃く見られる。本記は《応仁別記》《応仁略記》とともに《群書類従》に収められている。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応仁記
おうにんき

室町時代後期の戦記物。流布本は3巻3冊。作者、成立年ともに不明。応仁の乱の経過を『太平記(たいへいき)』に倣って叙述したものであるが、文学的価値は低い。本編は「乱前御晴之事」以下30段に分かれ、乱の原因とみられた将軍足利義政(あしかがよしまさ)の失政から筆を進め、1473年(文明5)に山名持豊(やまなもちとよ)が死去する条(くだり)までを内容とする。戦記物だけに史料的価値は全面的には信用できない。しかし、原形は乱当時の記録をもとにして記されたと考えられ、幾度か転写の段階での潤色が認められるものの、他の戦記類に比すれば概して信憑(しんぴょう)性は高いと推定される。最古の写本は竜門文庫所蔵の永禄(えいろく)6年(1563)の奥書のあるもので、寛永(かんえい)古活字本は各地に残存している。『群書類従』合戦部に収録。[今谷 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

応仁記の関連キーワード切り抜ける・切抜ける伊達競阿国戯場飯尾常房日野富子軍記物語明徳記鉄甲横槍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応仁記の関連情報