コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂門牧 さかどのまき

1件 の用語解説(坂門牧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さかどのまき【坂門牧】

河内国古市郡(現,大阪府羽曳野市)の。坂戸牧とも書く。文徳源氏で白河院の北面の武士であった検非違使源康季の本拠で,この一族は坂戸源氏と称された。同氏が牧を領有しはじめたのは,遅くとも11世紀の末,康季の曾祖父河内守公則のころと考えられる。本家(上級領主)は摂関家。1153年(仁平3)左大臣藤原頼長の春日社参詣にあたり,蒭(まぐさ)100把の負担を割りあてられた。1253年(建長5)の近衛家所領目録によれば,近衛家自身が所領支配の実際的な諸権限(荘務権)を握っており,このときの預所は範忠なる人物であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂門牧の関連キーワード羽曳野市野中寺西文氏羽曳野古市古墳群餌香の市応神陵古墳サンプラザしらとりの郷・羽曳野書加竜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone