コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本市之丞 さかもと いちのじょう

2件 の用語解説(坂本市之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本市之丞 さかもと-いちのじょう

1736-1809 江戸時代中期-後期の治水家。
享保(きょうほう)21年3月15日生まれ。信濃(しなの)諏訪郡田沢村(長野県茅野市)の名主。八ケ岳西南麓(ろく)の新田開拓を計画し,天明5年高島藩の許可を得,15年をかけて繰り越し堰(せぎ)とよばれる十数条の用水路をひらき,300haの新田開発に成功した。文化6年3月2日死去。74歳。幼名は太郎。号は養川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂本市之丞

没年:文化6.3.2(1809.4.16)
生年:元文1.3.15(1736.4.25)
江戸中期の新田開発者。幼名太郎。養川と号した。信濃国諏訪郡田沢村(茅野市)の武田家旧臣の家に生まれ,23歳で田沢村の名主となる。その後諸国を巡って新田開発技術を修得。安永4(1775)年,水不足のために行きづまっていた諏訪地方の新田開発を,北東部の河川の余水を順繰りに南方の原野へ送ることによって進めようとする計画書を高島(諏訪)藩へ提出する。藩の内紛などから許可がおりたのはそれから10年後の天明5(1785)年だったが,以後つぎつぎに15の用水路(汐)が開削され(養川の繰越堰と呼ばれる),市之丞は,当初は請負人として仕事に当たり,のちには汐役人にとりたてられた。開発面積も300haにおよんだ。<参考文献>『茅野市史』中

(斎藤洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂本市之丞の関連キーワード直齋池上太郎左衛門新田開発鍬下年季市川五郎兵衛椎名道三茂田七右衛門成田佐左衛門矢部理左衛門吉田勘兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone