コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本瀬平 さかもと せへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本瀬平 さかもと-せへい

1828-1862 幕末の武士。
文政11年生まれ。土佐高知藩士。文久2年勤王の同志50人が脱藩したとき参加をのぞむが,かつて対立していた吉田東洋配下であったためいれられず,単独で江戸にむかう。同年11月7日小田原で一行中の数人とであい,争論となり殺された。35歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂本瀬平の関連キーワード宇田川榕菴ウェーラー菊池教中田中謙助藩学一覧サイゴン条約黒住教カションサマーズツンベリー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android