坂本直(読み)さかもと なお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本直 さかもと-なお

1842-1898 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)13年11月1日生まれ。高松順蔵の長男。母は坂本竜馬の姉千鶴。土佐高知藩の郷士土佐勤王党にはいるが,脱藩して小野淳輔(じゅんすけ)と名のり,海援隊で活躍。慶応4年箱館府権(ごんの)判事。明治4年坂本竜馬家の家名をつぐ。のち東京府典事,宮内省舎人などを歴任した。明治31年11月7日死去。57歳。本姓は高松。初名は清行。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本直の関連情報