高松(読み)たかまつ

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐まつ【高松】

[1] 〘名〙 たけの高い松。
※謡曲・八島(1430頃)「八島に立てる高松の、苔の筵は痛はしや」
[2]
[一] 香川県中央部の地名。県庁所在地。瀬戸内海に面し、平安時代から篦原(のはら)郷として知られる。天正一八年(一五九〇)高松城が築かれ、江戸時代は松平氏一二万石の城下町として栄えた。高徳線・予讚線などが通じる四国地方の交通の一中心地。機械・食品・漆器などの工業が行なわれる。栗林(りつりん)公園・玉藻公園・屋島など観光地が多い。明治二三年(一八九〇)市制。
[二] 茨城県鹿島郡の旧村名。昭和二九年(一九五四)鹿島町(現鹿嶋市)に合体。
※常陸風土記(717‐724頃)香島「郡(こほり)の東二三里に高松(たかまつ)の浜(はま)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高松
たかまつ

石川県中央部,能登半島基部の西岸にある地区。旧町名。 1922年町制。 1954年南大海村と合体,旧町域となる。旧町名は中世以来の地名による。 2004年3月七塚宇ノ気 2町と合併かほく市となった。地区西部は日本海に面する砂丘地で,中央部,東部宝達山に続く丘陵地。江戸時代は七尾街道宿場町。繊維産業が盛ん。海岸沿いの砂丘では高松ブドウの栽培が行なわれている。 JR七尾線,国道 159号線,能登道路が通り,金沢への通勤者も多い。海水浴場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかまつ【高松】

香川県中部の市。県庁所在地四国の玄関口として海陸交通の要地。もと松平氏の城下町高松城趾・屋島栗林(りつりん)公園などがある。平成17年(2005)9月に塩江町を、18年1月に牟礼(むれ)町・庵治(あじ)町・香川町・香南町・国分寺町を編入。人口41.9万(2010)。
岡山市北区の地名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高松【たかまつ】

岡山県岡山市の一地区。吉備(きび)の旧町で,1582年羽柴秀吉(豊臣秀吉)が水攻めにした高松城(備中高松城)の史跡)がある。岡山平野部での水田耕作,山麓での果樹温室栽培が盛ん。北部稲荷妙教寺門前町吉備線が通じ岡山市街,総社市への通勤者が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android