坊城伸子(読み)ぼうじょう ただこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊城伸子 ぼうじょう-ただこ

1830-1851* 江戸時代後期の女官。
文政13年2月14日生まれ。父は権(ごんの)大納言坊城俊明(としあきら)。孝明天皇の後宮にはいり,弘化4年典侍(ないしのすけ)となる。嘉永(かえい)3年懐妊し,坊城邸にかえる。まもなく病気にかかり,12月17日皇子を生んだが,ともに死没した。21歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

坊城伸子 (ぼうじょうただこ)

生年月日:1830年2月14日
江戸時代後期の女性。孝明天皇の宮人
1850年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android