垢膩(読み)クニ

デジタル大辞泉の解説

く‐に【××膩】

あかとあぶら。
「後に負へる袋には、―の垢付ける衣あり」〈謡・卒都婆小町

こう‐じ〔‐ヂ〕【××膩】

あかやあぶらなどのよごれ。
「領(えり)や肘(ひじ)はいつも―に汚れている」〈鴎外魚玄機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くに【垢膩】

あかとあぶら。あかやあぶらのよごれ。こうじ。 「 -の垢づける衣あり/謡曲・卒都婆小町」

こうじ【垢膩】

あかや汗、あぶらなどのよごれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐に【垢膩】

〘名〙 肌につくあかとあぶら。垢脂(こうし)
※法華義疏(7C前)三「更著麁弊垢膩之衣塵土坌身者」
※日葡辞書(1603‐04)「Cuni(クニ)

こう‐じ ‥ヂ【垢膩】

〘名〙 あかや汗、あぶらなどのよごれ。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「一群の飢鼠飽くまで双袖の垢膩を嘗め」 〔杜甫‐舟中苦熱遣懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android