コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


仏教用語。けがれのこと。特に人間を悩ませ乱す,本能的な精神作用 (煩悩 ) をいう。たとえば,むさぼり () ,いかり (瞋) ,真理や現実世界を正しく把捉できない心 (痴) を三垢 (または三毒) と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

アカウント(account)のこと。怪しいサイトなどに入る(ログイン)アカウントや、非合法に入手したアカウントなどを、隠語的に表現して面白みをつけた、インターネット略語でもある。

(川口正貴 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか【×垢】

汗・脂・ほこりなどがまざり合って皮膚の表面につく汚れ。「を落とす」
水中の含有物が器物などに付着したもの。水あか・湯あかなど。
心身に宿ったけがれ。「俗世の
欠点。未熟さ。
「稽古の劫(こふ)入りて、―落ちぬれば」〈花伝・三〉

く【×垢】

仏語。煩悩(ぼんのう)。心をけがす不浄なもの。

こう【垢】[漢字項目]

[音]コウ(漢) ク(呉) [訓]あか
〈コウ〉あか。よごれ。「垢衣垢面歯垢塵垢(じんこう)
〈ク〉に同じ。「無垢(むく)
〈あか〉「手垢耳垢
[難読]垢離(こり)頭垢(ふけ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

垢【あか】

角化した表皮細胞が汗や皮脂ごみとともに皮膚表面にたまったもの。表皮下層で絶えず細胞増殖が行われながら表面に押し上げられ,最終的には細胞が死んで,角化した細胞が表面からはがれていく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あか【垢】

皮膚の表面にたまるよごれ。皮膚の上皮や汗・脂あぶらなどが、ちりやほこりとまじったもの。 「 -を落とす」
水中に溶解している不純物が容器の壁面などに固着したもの。水あか。 「湯-」
けがれ。よごれ。煩悩。 →
付着した余計なもの。 「都会暮らしの-を落とす」 「心の-」
[句項目] 垢が抜ける

く【垢】

〘仏〙 煩悩ぼんのう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あか

表皮のいちばん外側の層を形成する角質片の剥離(はくり)したものに、表皮の上を覆う脂質のエマルジョンおよび外界のほこりなどが混じったものである。絶えず皮膚面から剥離しているが、入浴、洗顔などによって清潔にしていれば肉眼では見えない。爪(つめ)の先にはたまりやすいので、爪を短く切り、手を清潔にしておく。耳垢(じこう)では、垢の一般成分のほかに、外耳道の脂腺(しせん)およびアポクリン腺の分泌物が重要な成分として含まれている。[川村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

垢の関連キーワードFELINE CARE NUTRITIONデンターシステマ 音波アシストブラシ歯垢(プラーク)と歯石ハーツ チューデントプラークコントロールDENT SKISHスタンプ=スメア法耳垢(みみあか)デンタルフロス耳垢(じこう)エマルジョンオーラルB油垢・脂垢歯間ブラシアカウント垢染みる扇屋稲木耳垢栓塞プラーク自性清浄

垢の関連情報