城 夏子(読み)ジョウ ナツコ

20世紀日本人名事典の解説

城 夏子
ジョウ ナツコ

昭和期の小説家



生年
明治35(1902)年5月5日

没年
平成7(1995)年1月13日

出生地
和歌山県西牟婁郡すさみ町

本名
福島 静

別名
筆名=福島 しづか

学歴〔年〕
和歌山高等女学校〔大正8年〕卒

経歴
女学校時代から詩や小説を投稿、吉屋信子に憧れ、佐藤春夫の詩に感動していた。卒業後、文学を志して上京、「令女界」編集者となり、童話や小説も書き、大正13年「薔薇の小道」を刊行。長谷川時雨に出会い「女人芸術」に参加、また「輝ク」にも作品を発表。その後アナーキストの影響を受けて「婦人戦線」に参加した。代表作に「白い貝殻」「野ばらの歌」「毬をつく女」「六つの晩年」「林の中の晩餐会」などのほか、随筆集「おてんば70歳」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

城 夏子 (じょう なつこ)

生年月日:1902年5月5日
昭和時代の小説家
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android