野ばら(読み)のばら(英語表記)Heidenröslein

  • Heidenrslein
  • 作品名

デジタル大辞泉プラスの解説

日本の唱歌題名。作曲:ウェルナー、訳詞近藤朔風。発表年は1909年。シューベルトの作曲による版もよく知られる。
ドイツの作曲家ハインリッヒ・ウェルナーの歌曲(1829)。原題《Das Heidenröslein》。フランツ・シューベルトの同名の歌曲D257(1815)と同じく、ゲーテの原詩に基づく。
オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D257(1815)。原題《Das Heidenröslein》。ゲーテの原詩に基づく。『魔王』とともに、シューベルト初期の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューベルトが1815年、18歳のときに、ゲーテの詩に基づいて作曲した三節からなる愛らしい歌曲(D257)。少年が荒に咲く一輪の赤いバラをみつけ、花を摘もうとする。バラは刺(とげ)で身を守ろうとするが、哀れにも男の子に手折られてしまう。モーツァルトの歌曲で有名な『すみれ』にも似た素朴な内容をもつこの歌詞を、シューベルトは単純な有節歌曲(同じ旋律を繰り返して歌う)として作曲した。なお同じ詩につけられたウェルナーHeinrich Werner(1800―33)の合唱曲(1829)も広く愛唱され、またM・ハウプトマンMoritz Hauptmann(1792―1868)やローベルト・シューマンも民謡風の音楽を作曲している。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android