城下の盟(読み)ジョウカノチカイ

デジタル大辞泉の解説

じょうか‐の‐ちかい〔ジヤウカ‐ちかひ〕【城下の盟】

《「春秋左伝」桓公一二年から》敵に首都まで攻め入られてする、屈辱的な降伏の約束。じょうかのめい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうかのちかい【城下の盟】

〔左氏伝 桓公十二年
敵に城壁の下まで攻めこまれて、仕方なく結ぶ恥ずべき講和。じょうかのめい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android