コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城塚登 しろつか のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城塚登 しろつか-のぼる

1927-2003 昭和後期-平成時代の哲学者,倫理学者。
昭和2年7月20日生まれ。42年東大教授。のち共立女子大教授,学長。初期マルクスの研究にとりくみ,30年「社会主義思想の成立」(のち「若きマルクスの思想」と改題)を発表。フォイエルバッハ,ルカーチ,フランクフルト学派などをふまえ,哲学,社会思想の研究をすすめた。平成15年4月18日死去。75歳。東京出身。東大卒。著作はほかに「新人間主義の哲学」「近代社会思想史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

城塚登の関連キーワードフォイエルバハ(Ludwig Andreas Feuerbach)歴史と階級意識資本主義社会イデオロギー虚偽の意識社会科学疎外

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android