コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城間正安 ぐすくま せいあん

2件 の用語解説(城間正安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城間正安 ぐすくま-せいあん

1860-1944 明治時代の農民運動家。
尚泰王13年8月19日生まれ。廃藩置県後,沖縄県農事試験場につとめ,沖縄ではじめて白下糖(しろしたとう)製造に成功。宮古島の農民の窮状に接し,明治26年中村十作とともに人頭税廃止を国会に請願,10年後の実現にみちびいた。昭和19年8月死去。85歳。琉球出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

城間正安

没年:昭和19.8(1944)
生年:尚泰13.8.19(1860.10.3)
近代沖縄の人頭税廃止運動の指導者。那覇に生まれ,農事試験場でサトウキビ栽培や製糖の技法を研究した。明治17(1884)年に宮古島の製糖指導員に任命され,以後10年間その職務に専念した。かたわら島民の貧しい生活を憂え,その元凶である人頭税の撤廃を痛感した。中村十作(新潟県出身)と共に島民を指導し,妨害を受けながらも国会請願運動を展開するなどして悪制廃止実現に貢献した。<参考文献>佐久本嗣宗『隠れたる偉人』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の城間正安の言及

【沖縄[県]】より

…琉球政府の収入を一定ならしめるためとも,他の地への移住を禁止するためにともいわれている人頭税は宮古・八重山で典型的に見られ,反布で上納されていた。宮古の人頭税撤廃に立ち上がった農民を支援したのは,製糖指導員城間(ぐすくま)正安と新潟県人中村十作である。2人は人頭税の納期に縊死や身投げが続発するのをみて農民に同情し,運動に尽力することになった。…

※「城間正安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

城間正安の関連キーワードもの派万延沖縄戦カリブ文学直木賞マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄堀利煕

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone