コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白下糖 しろしたとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白下糖
しろしたとう

沖縄,鹿児島,香川で産する含蜜糖で,小さいショ糖結晶を含み,半流動状あるいは半固形状である。糖度は低い (75~85%) が原料蛋白質灰分,色素などの不純物を含むため,風味は珍重される。甘蔗搾汁石灰で中和後加熱し,静置後生じる凝固物を除く。上澄みをさらに加熱し,ある程度蒸発させてから放冷し,ショ糖の小さい結晶をつくらせる。このとき,還元糖が多い場合は全体が半流動状 (樽入白下糖) ,還元糖が少い場合はやや粘度の高い半固形状 (煉瓦糖) になる。ほかに再生糖の一種に焚白下糖がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しろしたとう【白下糖】

〔白砂糖を製する下地したじの意〕
含蜜がんみつ糖の一。ショ糖の結晶と蜜みつが含まれ、半流動性。和三盆などの原料。白下。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白下糖の関連キーワード讃岐和三盆糖甘ショ糖城間正安和三盆白砂糖砂糖

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android