城 ノブ(読み)ジョウ ノブ

20世紀日本人名事典の解説

城 ノブ
ジョウ ノブ

明治〜昭和期の社会事業家 日本基督教婦人矯風会神戸支部長。



生年
明治5年10月18日(1872年)

没年
昭和34(1959)年12月20日

出生地
愛媛県温泉郡川上村

学歴〔年〕
松山女学校〔明治23年〕卒,聖経女学校神学部卒

経歴
洗礼を受けてキリスト教徒となつて父から勘当され、家を出て横浜の聖経女学校神学部に入った。その後、教師などをしながらキリスト教の伝道に従事。36年社会主義者の伊藤智二郎と結婚し、一子をもうけるが、間もなく夫が国外に脱出したため、子を連れて実家に戻った。大正5年に不幸な婦人たちの救済を志し、神戸婦人同情会を結成。芸娼妓や自殺志願者、崩壊家庭の母子など、恵まれない女性たちの再起と自立を助けるため、神戸市灘区に同会第一母子寮や青谷愛児園などを開設した。また、日本基督教婦人矯風会の神戸支部長としても活躍。戦後、空襲で焼けた施設を再建し、婦人の救済に尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

城 ノブ (じょうのぶ)

生年月日:1872年10月18日
大正時代;昭和時代の社会事業家
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android