コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎年金番号制 きそねんきんばんごうせい

1件 の用語解説(基礎年金番号制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎年金番号制
きそねんきんばんごうせい

公的年金制度において,すべての年金制度に共通する基礎番号で被保険者の記録を管理する制度。1997年1月導入された。それまでは国民年金厚生年金保険共済組合の被保険者の記録が各年金制度別に管理されていたため,転職や退職により加入する年金制度が変わり,1人で複数の年金番号をもつ状況が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基礎年金番号制の関連キーワード私的年金年金基金在職老齢年金制度資産管理機関退職年金制度年金改革企業年金制度年金財政計算年金制度年金の受給停止制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone