公的年金制度(読み)こうてきねんきんせいど

日本大百科全書(ニッポニカ)「公的年金制度」の解説

公的年金制度
こうてきねんきんせいど

年金を保険の仕組みによって運営する年金保険制度のうち、社会保障の一環として国が実施するもの。原則として強制加入制である。老齢年金障害年金遺族年金の3種類がある。

[編集部 2021年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android