堀木文子(読み)ほりき ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀木文子 ほりき-ふみこ

1920-1986 昭和時代後期,堀木訴訟の原告。
大正9年生まれ。3歳で失明,マッサージ師となる。結婚して2児を生むが,家出。昭和45年障害福祉年金と児童扶養手当の併給禁止は憲法違反として提訴。一審で勝訴し児童福祉手当法の改正で併給がみとめられたが,57年最高裁の合憲判決でふたたび併給禁止となった。昭和61年1月16日死去。66歳。鹿児島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android