コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀江佐吉 ほりえ さきち

2件 の用語解説(堀江佐吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀江佐吉 ほりえ-さきち

1845-1907 明治時代の建築家。
弘化(こうか)2年2月3日生まれ。家は代々青森県弘前(ひろさき)の大工棟梁(とうりょう)。洋風建築を手がけ,現存するものに第五十九銀行本店(現青森銀行記念館),弘前図書館旧館などがある。明治40年8月19日死去。63歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀江佐吉

没年:明治40.8.19(1907)
生年:弘化2(1845)
明治期の弘前(青森県)の大工棟梁。代表作に第五十九銀行本店(1904),弘前市立図書館(1906)などがある。五十九銀行は古典主義様式を基本としながら,アーチを重ねた塔屋などに独自のデザインを示している。

(越野武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀江佐吉の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇後藤三右衛門(2代)スタング(父子)奥村五百子木子清敬立見尚文古川太四郎細谷十太夫堀江佐吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone