堅塩媛(読み)きたしひめ

世界大百科事典 第2版の解説

きたしひめ【堅塩媛】

6世紀後半,欽明天皇妃。生没年不詳。蘇我稲目の女。同母妹小姉君とともに天皇の妃となり,多くの男女を生み蘇我氏が外戚としての地位を築く上で大きな役割をはたした。用明天皇推古天皇,皇極天皇の母方の祖父となる桜井皇子,異母兄茨城皇子に姧されたとして伊勢に侍す任を解かれた磐隈皇女,用明天皇の子当麻皇子の妻となる舎人皇女などを含め計7男6女を生む。612年(推古20)に欽明天皇の檜隈坂合陵に改葬された。【勝浦 令子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android