コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎人皇女 とねりのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舎人皇女 とねりのおうじょ

?-603 飛鳥(あすか)時代,欽明(きんめい)天皇の皇女。
母は蘇我堅塩媛(そがの-きたしひめ)。用明(ようめい)天皇の皇子当麻(たいまの)皇子の妃となる。推古天皇11年征新羅(しらぎ)将軍に任じられた皇子とともに難波(なにわ)から船で出発したが,同年7月6日播磨(はりま)赤石で病没。皇子は新羅(朝鮮)遠征を中止してひきかえしたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

舎人皇女の関連キーワード天声人語死刑東京マラソン位階位階勲等冠位十二階来目皇子推古天皇DREピピン@アットマーク

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone