コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川家重 とくがわいえしげ

8件 の用語解説(徳川家重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家重
とくがわいえしげ

[生]正徳1(1711).12.21. 江戸
[没]宝暦11(1761).6.12. 江戸
江戸幕府9代将軍 (在職 1745~60) 。吉宗の長男。母は大久保忠旧の娘。幼名は長福丸。院号は惇信院。延享2 (45) 年 11月2日将軍宣下。生来虚弱なうえ暗愚であったため吉宗が後見したが,のち大岡忠光が言語不明瞭となった家重の側用人として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえしげ〔トクがはいへしげ〕【徳川家重】

[1711~1761]江戸幕府第9代将軍。在職1745~1760。吉宗の長男。生来病弱のため政務に耐えられず、側用人大岡忠光が権勢を振るった

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳川家重【とくがわいえしげ】

江戸幕府9代将軍(在位1745年―1760年)。8代吉宗の子。幼名長福丸。諡号(しごう)惇信院。生来病弱で言語に障害があったといわれ,側用人大岡忠光が良く補佐,幕政は表面的には安定した時期であった。
→関連項目清水家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家重 とくがわ-いえしげ

1712*-1761 江戸幕府9代将軍。在職1745-60。
正徳(しょうとく)元年12月21日生まれ。徳川吉宗(よしむね)の長男。母はお須摩(磨)の方(深徳院)。延享2年将軍となる。体がよわく,言語も不明瞭で,側用人(そばようにん)の大岡忠光(ただみつ)しかその言葉をききとれなかったという。宝暦11年6月12日死去。51歳。幼名は長福。法号は惇信院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川家重

没年:宝暦11.6.12(1761.7.13)
生年:正徳1.12.21(1712.1.28)
江戸幕府9代将軍。8代将軍吉宗の長子。生母は大久保氏の娘おすま(深徳院)。幼名長福。紀伊国和歌山に生まれ,父が紀州家から将軍家を継ぐのに伴い江戸城に移り,世嗣となり,室鳩巣らの教育を受ける。延享2(1745)年9月継統,11月将軍宣下。在位16年にして世嗣家治に代を譲り,翌年死去。増上寺に葬る。諡号惇信院。病弱で,政治は老中松平武元らに任せきりであった。日ごろ大奥にいることが多く,その言行を知る人は稀であったという。また言語に障害があり,側衆の大岡忠光のみがこれを解したといわれている。<参考文献>「惇信院殿御実紀附録」(『徳川実紀』9編)

(松尾美恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえしげ【徳川家重】

1711‐61(正徳1‐宝暦11)
江戸幕府9代将軍。8代将軍吉宗の長子。1745年(延享2)父の譲りを受けて将軍となる。生来虚弱のうえ,若くから大奥の婦女を相手に酒宴にふける生活を続けて健康を害し,やがて言語も不明瞭となり,わずかに側用人大岡忠光のみ聞き分けることができたという。60年(宝暦10)職を嫡子家治に譲り,翌年没した。享保改革の余光で幕府財政は表面的には安定の様相を呈していたが,社会の底流は新時代への大きな転機にあった。【辻 達也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくがわいえしげ【徳川家重】

1711~1761) 江戸幕府第九代将軍(1745~1760)。吉宗の長男。幼名長福。身体虚弱で酒色に溺れたという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家重
とくがわいえしげ
(1711―1761)

江戸幕府第9代将軍。8代将軍吉宗(よしむね)の長子。生母は側室大久保氏、おすまの方。幼名長福。1745年(延享2)父の譲りを受けて将軍となる。生まれつき虚弱のうえ、若くから大奥の婦女を相手に酒宴にふける生活を続け、健康を害し、やがて言語も不明瞭(めいりょう)となり、わずかに側用人(そばようにん)大岡忠光(ただみつ)のみ聞き分けることができたという。1760年(宝暦10)職を嫡子家治(いえはる)に譲り、翌年没した。法号を惇信院(じゅんしんいん)という。家重の代は、享保(きょうほう)の改革の余光で幕府財政は表面上安定の様相を呈していたが、社会の底流には新しい時代への転機があった。[辻 達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川家重の言及

【大岡忠光】より

…大岡忠相の同族大番士忠利(300石)の長子。世嗣徳川家重の小姓となり,のち家重が9代将軍になるとしだいに重用され,1754年若年寄,56年側用人となり,この間加増されて武州岩槻2万3000石の領主となる。家重の信頼とくに厚く権勢を集めるが,おごることがなかったといわれる。…

※「徳川家重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川家重の関連キーワード其阿上人御城碁御三卿大君一橋家紀州家三卿上覧相撲一橋八代将軍 吉宗

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川家重の関連情報