堤定次郎(読み)つつみ ていじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤定次郎 つつみ-ていじろう

1868-1935 明治-昭和時代前期の官僚,実業家。
明治元年11月1日生まれ。判事,検事などをへて香川県内務部長から大正2年岩手県知事となる。のち実業界にはいり安田保善社理事,五十銀行頭取などをつとめた。昭和10年8月18日死去。68歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android