コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤清六 つつみ せいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤清六 つつみ-せいろく

1880-1931 明治-昭和時代前期の実業家。
明治13年2月15日生まれ。40年ごろから北洋のサケ・マス・カニなどの漁業と缶詰加工業をはじめる。大正10年傘下の企業を合併して日魯(にちろ)漁業(現ニチロ)を設立,会長となる。13年衆議院議員(当選2回)。昭和6年9月12日死去。52歳。新潟県出身。新潟商業卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堤清六

没年:昭和6.9.12(1931)
生年:明治13.2.15(1880)
明治大正時代の政商。新潟県三条町の呉服商に生まれる。新潟商業卒業。明治39年(1906)堤商会を設立。ロシア領での買魚事業ののちカムチャツカでの鮭鱒漁業を経営,缶詰工場の経営に着手,ヨーロッパ缶詰市場の拡大を背景に急成長を遂げる。大正10(1921)年日魯漁業設立とともに社長に就任。平塚常次郎と共に進出企業の合同化をすすめ,大正末期にはロシア領漁業における独占的地位を固めた。11年の函館市議選,13年以降の衆議院選に2回当選。昭和4(1929)年の株買い占め「島徳事件」により退陣。<参考文献>内藤民治編『堤清六の生涯』,岡本信男編『日魯漁業経営史』1巻,三島康雄著『北洋漁業の経営史的研究』

(足立泰紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の堤清六の言及

【売勲事件】より

…賞勲局疑獄ともいう。私的に巨額な負債を負って苦しんでいた天岡は,1928年11月の天皇即位大礼を機に行われた大幅な叙勲に際し,東京商工会議所会頭藤田謙一,日活社長横田永之助,日魯漁業会長堤清六らから叙勲の報酬として収賄した。この事実は浜口雄幸民政党内閣のもとで摘発されたが,勲章を売るという衝撃的な事件のため,政党内閣の下で相次いだ他の疑獄事件とあわせて,既成政党と財界の腐敗を世間に強く印象づけることとなった。…

※「堤清六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堤清六の関連キーワードニチロ[株]平塚 常次郎勲章涜職事件内藤 民治中正俱楽部内藤民治売勲事件実業家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android