コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堰八安高 せきはち やすたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堰八安高 せきはち-やすたか

?-1609 江戸時代前期の農民。
陸奥(むつ)津軽郡堰八村(青森県黒石市)の堰役。浅瀬石川から水をひく藤崎(ふじさき)堰の取り入れ口がたびたびやぶれ下流の農民がくるしむのをみて,慶長14年4月14日みずから人柱となる。以後堰のくずれることはなかったという。本姓は安倍。通称は太郎左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堰八安高

没年:慶長14.4.14(1609.5.17)
生年:生年不詳
江戸初期,弘前(津軽)藩堰八村(黒石市)の堰役。通称太郎左衛門。浅瀬石川右岸から導水する藤崎堰の取り入れ口が年々決壊,下流域16カ村の農民が苦しむのをみて人柱となることを決意。藩の許可を得て,17日間の潔斎ののち,堰の安堵を祈願し,わが身に杭を打たせて水底に沈んだという。以来,この堰は崩壊することがなかった。正保2(1645)年,社殿を建て堰神として祀られた。3代藩主津軽信義は福田堰神の号を贈った。<参考文献>『津軽藩旧記伝類』(『みちのく双書』5巻),『堰神社由緒書』

(細井計)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

堰八安高の関連キーワード陸奥

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android