コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堰八安高 せきはち やすたか

2件 の用語解説(堰八安高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堰八安高 せきはち-やすたか

?-1609 江戸時代前期の農民。
陸奥(むつ)津軽郡堰八村(青森県黒石市)の堰役。浅瀬石川から水をひく藤崎(ふじさき)堰の取り入れ口がたびたびやぶれ下流の農民がくるしむのをみて,慶長14年4月14日みずから人柱となる。以後堰のくずれることはなかったという。本姓は安倍。通称は太郎左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堰八安高

没年:慶長14.4.14(1609.5.17)
生年:生年不詳
江戸初期,弘前(津軽)藩堰八村(黒石市)の堰役。通称太郎左衛門。浅瀬石川右岸から導水する藤崎堰の取り入れ口が年々決壊,下流域16カ村の農民が苦しむのをみて人柱となることを決意。藩の許可を得て,17日間の潔斎ののち,堰の安堵を祈願し,わが身に杭を打たせて水底に沈んだという。以来,この堰は崩壊することがなかった。正保2(1645)年,社殿を建て堰神として祀られた。3代藩主津軽信義は福田堰神の号を贈った。<参考文献>『津軽藩旧記伝類』(『みちのく双書』5巻),『堰神社由緒書』

(細井計)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堰八安高の関連キーワード黒石市津軽弘前城黒石倉内図書津軽承叙津軽承保津軽信枚津軽順承津軽娘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone