場所柄(読み)バショガラ

デジタル大辞泉の解説

ばしょ‐がら【場所柄】

場所の性質やようす、また雰囲気。ところがら。「場所柄をわきまえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばしょがら【場所柄】

その場所に特有の状態。その場所にふさわしい状況。 「 -粋筋いきすじが多い」 「 -をわきまえない振る舞い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばしょ‐がら【場所柄】

[1] 〘名〙 場所が場所であること。また、その場所にふさわしい様子・性質。場所のありさま。その場所の特色。ところがら。
※雑俳・柳多留‐六七(1815)「場所がらで豆腐屋迄が山印」
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「ホンニ場処がらとは言ながら、能い女が沢山だノウ」
[2] 〘副〙 こういう場所だから。場所が場所だけに。
※黄色い風土(1961)〈松本清張〉一八「場所柄、それは奥田印刷所でこっそり偽造していたのではないかという君の推定になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

場所柄の関連情報