コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔式法 とうしきほう

2件 の用語解説(塔式法の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とうしきほう【塔式法】

硫酸の製造法の一。鉛室を用いずに数基の塔内で、窒素酸化物を触媒にし二酸化硫黄を酸化、硫酸を製造。現在ではほとんど用いられない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塔式法【とうしきほう】

硫酸製造法の一つ。鉛室法の発展したもので,建設費のかさむ鉛室を用いず,グラバー塔ゲイ・リュサック塔それぞれ3〜4基直列に組み合わせて行う。前部の塔が鉛室法の場合のグラバー塔,中央部の塔が鉛室,後部の塔がゲイ・リュサック塔の役目をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

塔式法の関連キーワード鉛室法接触法アミロ法亜硫酸パルプ廃液インフュージョン法インフレーション法クーリングドラム法マルチン法ローバック鉛室硫酸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone