コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚崎直義 つかさき なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚崎直義 つかさき-なおよし

1881-1957 明治-昭和時代の弁護士,裁判官。
明治14年5月10日生まれ。足尾銅山争議,甘粕事件などの弁護人をつとめる。昭和5年東京弁護士会会長。22年最高裁判事となる。25年尊属殺人罪合違憲の大法廷判決では合憲説をとる。日弁連会長。昭和32年3月26日死去。75歳。大分県出身。京都帝大卒。著作に「我等陪審裁判」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塚崎直義の関連キーワード昭和時代裁判官明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android