コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘粕事件 アマカスジケン

世界大百科事典 第2版の解説

あまかすじけん【甘粕事件】

関東大震災後の1923年9月16日に東京憲兵隊麴町分隊長甘粕正彦らが無政府主義者大杉栄らを計画的に殺害した事件。大震災による戒厳令のもとで亀戸事件など軍隊・警察による社会主義者迫害が続いたが,甘粕は東京憲兵隊特高課の森慶次郎曹長と大杉を探索し,この日大杉が妻伊藤野枝神奈川県鶴見に弟の勇を見舞い,7歳のおい橘宗一をつれて帰宅するところを東京憲兵隊本部に連行し,3人を絞首し,死骸を構内の古井戸に埋めさせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あまかすじけん【甘粕事件】

1923年(大正12)関東大震災の直後、憲兵大尉甘粕正彦(1891~1945)らが大杉栄とその妻伊藤野枝らを虐殺した事件。亀戸事件・朝鮮人虐殺事件とともに、戒厳令下の不法弾圧事件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘粕事件
あまかすじけん

1923年(大正12)9月16日、憲兵が無政府主義者大杉栄(おおすぎさかえ)らを殺害した事件。関東大震災が起こると、軍隊や警察は混乱に乗じて社会主義者や朝鮮人、中国人を殺害した。東京憲兵隊麹町(こうじまち)分隊長甘粕正彦(まさひこ)大尉、東京憲兵隊本部付森慶次郎曹長は、無政府主義者が不逞(ふてい)行為を働くおそれがあるとして、大杉栄、伊藤野枝(いとうのえ)夫妻と甥(おい)の橘宗一(たちばなむねかず)を連行し、憲兵司令部ないし東京憲兵隊本部で絞殺し、遺体を古井戸に投げ込んだ。大杉が行方不明になると、友人安成二郎(やすなりじろう)らが探索を始め、9月20日の『時事新報』『読売新聞』も号外で大杉殺害を報じたので、軍も隠しきれず、また軍と警察の対立もあって、同日付けで甘粕を軍法会議に送致し、福田雅太郎(まさたろう)戒厳司令官を更迭、小泉六一憲兵司令官、小山介蔵東京憲兵隊長を停職処分とし、24日に事件の概要を発表した。軍法会議は12月4日、甘粕に懲役10年、森に同3年、部下3名に無罪の判決を下した。しかし、甘粕は1926年10月に釈放され、陸軍の費用で渡仏した。甘粕らの犯行は軍中央の命令によるとの説が有力である(一部に、犯行の下手人は歩兵第三連隊の将校だとする説もある)。1923年12月26日の大杉の葬儀の際、遺骨が右翼団体大化会の岩田富美夫らに奪われた。その報復のため無政府主義者古田大次郎(ふるただいじろう)らは翌1924年9月1日、福田雅太郎大将狙撃(そげき)事件を起こした。大杉の死によりアナキズム運動は大打撃を受けることになった。[吉見義明]
『角田房子著『甘粕大尉』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

甘粕事件の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正キネマ旬報