コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塢作碑 うさくひOjak‐pi

世界大百科事典 第2版の解説

うさくひ【塢作碑 Ojak‐pi】

永川菁堤碑(536年)とともに,三国時代新羅の農業水利事業の実態を知るうえで貴重な金石文を記した石碑。1946年大韓民国慶尚北道大邱市大安洞で発見,現在同市の慶北大学校博物館で所蔵されている。高さ63.9~103.0cm,幅53.8~67.8cm,厚さ12.1cmで,全文9行,185字以上からなる。〈戊戌年四月朔十四日另冬里村(高?)□塢作記之此成在□〉の書出しで,〈文作人壱利兮一尺〉で終わる。戊戌年は新羅真智王3年(578)に比定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塢作碑の関連キーワードシルウェリウス安閑天皇テオダハドプロコピウス[カエサレアの]アガペツス1世山本浩二赤字国債特例公債費用弁償・政務調査費問題依存症