コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)出し カキダシ

デジタル大辞泉の解説

かき‐だし【書(き)出し】

文章の書きはじめ。文章の冒頭。「作品の書き出しに苦労する」
抜き出して書くこと。抜き書き。
たまっている代金の請求書。特に、年末などの決済のための請求書。勘定書。つけ。 冬》「―やこまこまと書き並べたり/鬼城
歌舞伎で、番付の最初に名の出る俳優。また、その地位。ふつう、一座の中で第二位にあたる若手の人気俳優で、第一位の座頭(ざがしら)末尾に載せる。初筆(しょふで)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書出し
かきだし

古文書学で、文書の初めのところをいう。通例、公式様(くしきよう)文書や下文(くだしぶみ)などでは冒頭に差出しと宛名(あてな)、次に内容を要約した事書(ことがき)があり、続いて本文(中書き)となる。また宣旨(せんじ)、下知状(げちじょう)などでは、まず事書があり、続いて本文となる。これらの場合、本文は事書を受ける形で「右云々」と書き出す。御教書(みぎょうしょ)、書状などでは一定しないが、差出者と受取者との地位の高下などによって、書出しの文言は変化するものである。[千々和到]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の書(き)出しの言及

【歌舞伎】より

…立者のうち,人品,技量ともすぐれた立役の上位者を〈座頭(ざがしら)〉とし,一座を統率する。この座頭と立女方(最高位の女方),書出し(若手の人気者),中軸(なかじく)(座頭と対等の実力者),客座(長老役者)を特に〈大立者(おおだてもの)〉と呼ぶ。 中通り(ちゆうどおり)役者の階級の一つ。…

※「書(き)出し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

書(き)出しの関連キーワード国防の本義と其の強化の提唱仕舞う・終う・了う・蔵う三桝 源之助(4代目)実川 延三郎(4代目)吉田 玉造(4代目)ヘブル人への手紙本朝桜陰比事二条河原落書市川 斎入松平忠輝立役者請求書塢作碑可笑記官宣旨耕作噺勘定書貸本屋款状奥書

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android