コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)出し カキダシ

2件 の用語解説(書(き)出しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かき‐だし【書(き)出し】

文章の書きはじめ。文章の冒頭。「作品の書き出しに苦労する」
抜き出して書くこと。抜き書き。
たまっている代金の請求書。特に、年末などの決済のための請求書。勘定書。つけ。 冬》「―やこまこまと書き並べたり/鬼城
歌舞伎で、番付の最初に名の出る俳優。また、その地位。ふつう、一座の中で第二位にあたる若手の人気俳優で、第一位の座頭(ざがしら)は末尾に載せる。初筆(しょふで)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書出し
かきだし

古文書学で、文書の初めのところをいう。通例、公式様(くしきよう)文書や下文(くだしぶみ)などでは冒頭に差出しと宛名(あてな)、次に内容を要約した事書(ことがき)があり、続いて本文(中書き)となる。また宣旨(せんじ)、下知状(げちじょう)などでは、まず事書があり、続いて本文となる。これらの場合、本文は事書を受ける形で「右云々」と書き出す。御教書(みぎょうしょ)、書状などでは一定しないが、差出者と受取者との地位の高下などによって、書出しの文言は変化するものである。[千々和到]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の書(き)出しの言及

【歌舞伎】より

…立者のうち,人品,技量ともすぐれた立役の上位者を〈座頭(ざがしら)〉とし,一座を統率する。この座頭と立女方(最高位の女方),書出し(若手の人気者),中軸(なかじく)(座頭と対等の実力者),客座(長老役者)を特に〈大立者(おおだてもの)〉と呼ぶ。 中通り(ちゆうどおり)役者の階級の一つ。…

※「書(き)出し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

書(き)出しの関連キーワード句調行文章句章段書法文案文意文頭文例書様

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone