塩化ストロンチウム(読み)エンカストロンチウム

化学辞典 第2版の解説

塩化ストロンチウム
エンカストロンチウム
strontium chloride

SrCl2(158.53).炭酸ストロンチウムを塩酸に溶かし,濃縮してつくる.無水物は無色の等軸晶系結晶.蛍石型構造.格子定数a = 0.700 nm(26 ℃).融点875 ℃,沸点1250 ℃.密度3.05 g cm-3.潮解性があり,水に易溶,アセトンおよびエタノールに難溶.六水和物は無色の斜方晶系結晶.密度1.93 g cm-3.やや吸湿性で水に易溶.60 ℃ で二水和物となる.二水和物を加熱すると一水和物を経て200 ℃ で無水物になる.花火(深紅色)の材料,蛍光体の製造原料,醸造(酵母固定剤),人工海水,他のストロンチウム化合物の製造に用いられる.[CAS 10476-85-4:SrCl2][CAS 10025-70-4:SrCl2・6H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android