コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光体 けいこうたい

百科事典マイペディアの解説

蛍光体【けいこうたい】

蛍光を発する物質。燐光(りんこう)を発するものは燐光体と呼ばれるが,実用上両者を区別せず蛍燐光体または単に蛍光体ということが多い。純粋物質のままで発光するものに希土類塩,ウラニル塩,白金シアン錯塩,タングステン酸塩等の無機物質,ベンゼン,アニリン,アントラセン,フタレイン系色素,ポルフィリン系色素,シアニン系色素等の有機物質がある。
→関連項目蛍光灯蛍光板シンチレーションカウンター夜光塗料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいこうたい【蛍光体】

蛍光を発する物質の総称。石油・フルオレセイン・エオシン・エスクリンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛍光体
けいこうたい
fluorescent substance

蛍光を発する物質の総称。物質は光を受けると状態のいかんによらず蛍光を出すが、とくに可視光を発する物質を蛍光体という。
 蛍光体には純物質と、賦活剤または活性化剤を少量加えた不純物とがある。純物質蛍光体の例は、無機物のサマリウム、テルビウム、ユウロピウム、ガドリニウム、ジスプロシウムなどの希土類金属の塩酸塩や硫酸塩、モリブデン酸カルシウム、タングステン酸カルシウムなどの遷移金属酸塩がある。また有機物としては、ベンゼン、ナフタレンなどの芳香族炭化水素、エオシン、フルオレセインなどのフタレイン系色素がある。不純物として添加する賦活剤には、銅、銀、金、タリウム、鉛、アンチモンなどの重金属、クロム、マンガンなどの遷移金属、希土類金属、共役二重結合をもつ有機化合物がある。
 蛍光体はブラウン管や蛍光染料など日用品に使用されるほか、紫外線、X線、電子線の検出や強度測定など、研究面にも利用される。
 蛍光放電管は、放電管内に発生した紫外線エネルギーを管壁に塗布した蛍光体に吸収させ、蛍光体から放出する蛍光を光源としたものである。励起光には水銀の2537Å光が用いられ、蛍光体をかえて種々の色調を得る。たとえば、タングステン酸カルシウムを用いれば青色、ケイ酸亜鉛では緑色、ケイ酸カドミウムを用いれば橙(だいだい)色となる。ネオンサイン、誘ガ灯、集魚灯などがある。一般に用いられている蛍光灯は、アンチモンやマンガンで賦活したハロリン酸カルシウムが用いられており、アンチモンでは青色蛍光、マンガンでは赤色の蛍光が得られ、両者を混合して種々の色調が得られる。
 テレビのブラウン管の内壁には種々の蛍光体が塗布されており、電子によって励起された蛍光体から蛍光が発せられている。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蛍光体の関連キーワードSED(エス・イー・ディー)エレクトロルミネセンス無機ELディスプレープラズマディスプレー有機ELディスプレー熱ルミネセンス線量計白色発光ダイオードシャドーマスク方式ネオングローランプシャドウマスク管トリニトロン方式ELディスプレーシンチレーションストークスの法則クロマトロン方式X線ルミネセンスブラックライト光ルミネセンスクロマクリア管シャドーマスク

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android