塩化セレニニル(読み)エンカセレニニル

化学辞典 第2版の解説

塩化セレニニル
エンカセレニニル
seleninyl chloride

SeOCl2(165.87).塩化セレニル(selenyl chloride),オキシ塩化セレン,塩化酸化セレン(selenium chloride oxide)ともいう.二酸化セレンに塩化水素を通じ,生じたSeO2・2HClに五酸化リンまたは濃硫酸を加えて脱水しつつ真空蒸留すると得られる.室温で発煙性のある液体.融点10.8 ℃,沸点176.4 ℃.密度2.42 g cm-3.CCl4,CS2,ベンゼンなどに易溶,石油エーテルに不溶.水に触れると加水分解してH2SeO3とHClになる.KCl,NaCl,BaCl2,FeCl3などをよく溶かし,溶液は導電性がある.有機合成の塩素化剤として用いられる.腐食性があり,有毒で肺腫の原因となる.[CAS 7791-23-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android