塩基性炭酸銅(読み)えんきせいたんさんどう(英語表記)basic copper carbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性炭酸銅
えんきせいたんさんどう
basic copper carbonate

炭酸水酸化銅 (II) ともいう。次の2形態がある。
(1) CuCO3・Cu(OH)2 (孔雀石型) 。緑色粉末で硫酸銅 (II) と炭酸ナトリウムの溶液を室温で混合することで得られる。比重 3.85。水,エチルアルコールに不溶。酸,アンモニア水に可溶。
(2) 2CuCO3・Cu(OH)2 。 (藍鉱型) 。青色粉末で比重 3.88。水に不溶。希酸,アンモニア水可溶。湿った空気中に放置すると,緑色 (孔雀石型) へ徐々に変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android