コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基性炭酸銅 えんきせいたんさんどうbasic copper carbonate

2件 の用語解説(塩基性炭酸銅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性炭酸銅
えんきせいたんさんどう
basic copper carbonate

炭酸水酸化銅 (II) ともいう。次の2形態がある。
(1) CuCO3・Cu(OH)2 (孔雀石型) 。緑色粉末で硫酸銅 (II) と炭酸ナトリウムの溶液を室温で混合することで得られる。比重 3.85。水,エチルアルコールに不溶。酸,アンモニア水に可溶。
(2) 2CuCO3・Cu(OH)2 。 (藍銅鉱型) 。青色粉末で比重 3.88。水に不溶。希酸,アンモニア水に可溶。湿った空気中に放置すると,緑色 (孔雀石型) へ徐々に変る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone