塩基性炭酸銅(読み)えんきせいたんさんどう(英語表記)basic copper carbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性炭酸銅
えんきせいたんさんどう
basic copper carbonate

炭酸水酸化銅 (II) ともいう。次の2形態がある。
(1) CuCO3・Cu(OH)2 (孔雀石型) 。緑色粉末で硫酸銅 (II) と炭酸ナトリウムの溶液を室温で混合することで得られる。比重 3.85。水,エチルアルコールに不溶。酸,アンモニア水に可溶。
(2) 2CuCO3・Cu(OH)2 。 (藍鉱型) 。青色粉末で比重 3.88。水に不溶。希酸,アンモニア水可溶。湿った空気中に放置すると,緑色 (孔雀石型) へ徐々に変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android