コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍銅鉱 らんどうこう azurite

翻訳|azurite

4件 の用語解説(藍銅鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍銅鉱
らんどうこう
azurite

Cu3(OH)2(CO3)2単斜晶系の鉱物。板状,短柱状結晶。断口は貝殻状,脆弱。硬度 3.5~4,比重 3.773。ガラス光沢があり天青色で透明~半透明。1気圧のもとでは約 410℃で脱水する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐どうこう〔‐ドウクワウ〕【藍銅鉱】

炭酸銅を主成分とする鉱物。結晶は柱状で、単斜晶系。青色をしガラス光沢がある。の鉱石。青色の顔料にする。アズライトブルーマラカイト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らんどうこう【藍銅鉱】

水酸化銅および炭酸銅からなる鉱物。単斜晶系。柱状あるいは板状結晶形のほか、塊状・葡萄状。藍青色で透明、ガラス光沢がある。容易に孔雀石に変わる。銅鉱床の酸化帯に産する。古来、青色の顔料として用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍銅鉱
らんどうこう
azurite

各種銅鉱床の酸化帯中に他の銅の二次鉱物、とくにくじゃく石とよく共存し、原則的に初生銅鉱物を伴わない。多量に産すると銅の鉱石鉱物となる。純粋なものは岩絵の具の原料となる。くじゃく石よりはやや産出が少ない。これは生成の際にくじゃく石よりやや高いCu2+濃度を必要とすることにもよる。自形は柱状、六角板状、六角短柱状など。普通は塊状集合。日本のおもな産地は新潟県東蒲原(ひがしかんばら)郡三川(みかわ)鉱山(1962年閉山)、静岡県下田市河津(かわづ)鉱山など。英名アズライトはペルシア語で濃青色を意味するlazhwardに由来する。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藍銅鉱の関連キーワード酸度水酸化物イオン水酸化鉄水酸化物苛性アルカリ強塩基水酸化両性水酸化物水酸化珪素水酸化酵素

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone