コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基性塩 えんきせいえん

5件 の用語解説(塩基性塩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性塩
えんきせいえん

「塩 (えん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんきせい‐えん【塩基性塩】

酸と塩基との中和が完全ではなく、塩基性成分が残っている塩。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩基性塩【えんきせいえん】

酸基で置換することのできる水酸基または酸素原子を含む塩。たとえばMg(OH)Cl,BiOClなど。その水溶液がすべて塩基性であるとは限らない
→関連項目正塩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

えんきせいえん【塩基性塩】

二価以上の塩基の水酸基の一部だけが他の陰イオンで置換されていて、さらに置換され得る水酸基をもつ塩。必ずしも水に溶けて塩基性を示すとは限らない。塩化水酸化銅(Ⅱ) Cu(OH)Cl はその例。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩基性塩
えんきせいえん
basic salt

塩の分類の一つ。塩は正塩、酸性塩(水素塩)、塩基性塩に分類できるが、そのうち、陰イオン成分として水酸化物イオンまたは酸化物イオンを含むものをいう。たとえば塩化酸化ビスマスBiOCl、酸化硫酸バナジウムVOSO4、炭酸水酸化鉛()2PbCO3・Pb(OH)2など。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩基性塩の言及

【塩】より

…このとき,途中で得られるKH2PO4,K2HPO4などは完全に中和されていないという意味で酸性塩acidic salt(KH2PO4,K2HPO4そのものが酸性であるということではない。正しくは水素塩hydrogen saltという),同じくMgCl(OH)を塩基性塩basic salt(MgCl(OH)が塩基性だというわけではない。正しくは水酸化物塩hydroxide saltという)ということもある。…

※「塩基性塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩基性塩の関連キーワード多価アルコール二価染色体ポリエステル採算割れアゾ諸掛りアロキサンチン二価鉄化合物フェロプロトポルフィリン二価アルコール

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone