コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基性塩 エンキセイエン

デジタル大辞泉の解説

えんきせい‐えん【塩基性塩】

酸と塩基との中和が完全ではなく、塩基性成分が残っている塩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

塩基性塩【えんきせいえん】

酸基で置換することのできる水酸基または酸素原子を含む塩。たとえばMg(OH)Cl,BiOClなど。その水溶液がすべて塩基性であるとは限らない。
→関連項目正塩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えんきせいえん【塩基性塩】

二価以上の塩基の水酸基の一部だけが他の陰イオンで置換されていて、さらに置換され得る水酸基をもつ塩。必ずしも水に溶けて塩基性を示すとは限らない。塩化水酸化銅(Ⅱ) Cu(OH)Cl はその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性塩
えんきせいえん

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩基性塩
えんきせいえん
basic salt

塩の分類の一つ。塩は正塩、酸性塩(水素塩)、塩基性塩に分類できるが、そのうち、陰イオン成分として水酸化物イオンまたは酸化物イオンを含むものをいう。たとえば塩化酸化ビスマスBiOCl、酸化硫酸バナジウムVOSO4、炭酸水酸化鉛()2PbCO3・Pb(OH)2など。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩基性塩の言及

【塩】より

…このとき,途中で得られるKH2PO4,K2HPO4などは完全に中和されていないという意味で酸性塩acidic salt(KH2PO4,K2HPO4そのものが酸性であるということではない。正しくは水素塩hydrogen saltという),同じくMgCl(OH)を塩基性塩basic salt(MgCl(OH)が塩基性だというわけではない。正しくは水酸化物塩hydroxide saltという)ということもある。…

※「塩基性塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩基性塩の関連キーワードニルソン(Lars Fredrik Nilson)塩化スズ(塩化錫)塩化マグネシウム炭酸マグネシウム塩化アルミニウム酢酸アルミニウム塩基性炭酸鉛塩基性炭酸銅クロム酸鉛塩(えん)さび(錆)塩化スズ硫酸水銀化成処理硝酸水銀緩衝作用硫酸鉛炭酸鉛中性塩ヒ酸鉛

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android