コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩浦 えんぽYǒmp'o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩浦
えんぽ
Yǒmp'o

朝鮮,慶尚南道蔚山郡の方魚津 (ほうぎょしん) と長生里の間に位置する地名。朝鮮王朝 (李朝) 時代に日本船来泊のために指定された港の一つで,倭館 (わかん) が設置され,富山浦薺浦 (せいほ) とともに三浦 (さんぽ) と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の塩浦の言及

【三浦の乱】より

…1510年,朝鮮の三浦で起きた日本人の反乱。1426年,日本船の朝鮮での停泊地は富山浦(釜山)・薺浦(せいほ)(熊川)・塩浦(蔚山)の三浦とされ,朝鮮側はここに倭館を置いたが,はじめ日本人の三浦居住は認めなかった。しかし日本からの渡航船が増大するにつれ,三浦の長期滞在日本人が増大し,1436年,李朝政府は日本人の三浦居住を認め恒居倭人とよんだ。…

※「塩浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩浦の関連キーワード千葉県南房総市白浜町白浜倭館・和館日朝交渉史壬申約条壬申条約三浦の乱自由形宗義盛乃而浦世祖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩浦の関連情報