塩瀬まんじゅう(読み)しおぜまんじゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「塩瀬まんじゅう」の解説

塩瀬まんじゅう
しおぜまんじゅう

南北朝時代の1350年(正平5・観応1)に中国から渡来した林浄因が、初めて製作した薯蕷(じょよ)まんじゅう。浄因の一族が林氏塩瀬を名のったところから、塩瀬まんじゅうとよばれた。上生菓子の一種で、皮にはキクイモをすり下ろして上新粉、そば粉と混ぜ、これらの量と等量の上白糖をあわせて皮をつくり、淡泊なアズキの漉し餡(こしあん)を包んで蒸し上げる。その風味はことのほか優れ、室町時代から酒(さか)まんじゅうの虎屋(とらや)とともにまんじゅうの双璧(そうへき)とうたわれてきた。『守貞漫稿(もりさだまんこう)』には、「今世江戸霊岸島に塩瀬山城大掾(だいじょう)藤原忠次というあり。林氏塩瀬云々(うんぬん)と暖簾(のれん)に記せり」と記されているが、塩瀬まんじゅうは江戸のほか、奈良(奈良まんじゅう)、京都、仙台でも繁盛をみた。

[沢 史生

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android