塩瀬(読み)しおぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩瀬
しおぜ

塩瀬羽二重の略。経・緯糸とも生糸を使用した厚地羽二重 (はぶたえ) で,経糸を密に緯糸に太糸を用いた絹の生織物の一種。組織は平織で,経糸と緯糸の浮かし方で模様を織り出したものを,特に紋塩瀬という。最近では絹のほかレーヨンなどの人造繊維でも類似の布地が織られている。用途は女帯半襟,羽織,袱紗,洋服地,裏地など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

塩瀬【しおぜ】

生糸による絹織物の一種。経(たて)糸を密にし,太い緯(よこ)糸を用いて平織にしたもので,布面に横畝(よこうね)が現れる。畝の低いものを塩瀬羽二重という。近年は化繊,合繊でも織られる。柔軟で弾力性があるので帯,半衿(はんえり),袱紗(ふくさ),旗などに用いる。
→関連項目畝織絹織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおぜ【塩瀬】

絹織物の一種で厚地の羽二重風生織物。塩瀬羽二重ともいう。経糸は生糸を細密にし,太い緯(ぬき)糸を湿して用い,しっかりと織り込んだもの。織り上げた後,精練,染色をほどこして使う。緯畝(よこうね)の目だつ高級織物で,薄地のものは男子羽織地,厚地のものは女帯地,半襟,ふくさ,旗地などに用いる。新潟県五泉地方で多くつくられる。別に塩瀬御召(おめし)と呼ばれる織物は,先染琥珀織に似た緯畝をもち,シボがあまり目だたずやわらかい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しおぜ【塩瀬】

羽二重はぶたえの一。たて糸を密にし、太いよこ糸を打ち込んで横畝よこうねを表した絹織物。帯・袱紗ふくさ・半襟などにする。塩瀬羽二重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩瀬
しおぜ

経緯(たてよこ)ともに生糸を使用した重(おも)めの羽二重(はぶたえ)。塩瀬羽二重ともいう。またレーヨン糸などを使い、密度が比較的緻密(ちみつ)な平織物についても、塩瀬ということがある。組織は経密度を緻密にし、太い緯糸を打ち込んだもので、琥珀織(こはくおり)のように横畝(うね)があるのが普通であるが、現在の製品はあまり横畝がはっきりしない。白地のほか、無地染め、捺染(なっせん)され縞(しま)のものも多い。婦人・子供服地や肌着のほか、小幅のものは染帯地や袱紗(ふくさ)などに用いられる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩瀬の言及

【まんじゅう(饅頭)】より

… 日本のまんじゅうは中国から帰化した林浄因(りんじよういん)に始まる。浄因は宋の高名な文人林和靖の子孫で,1349年に中国留学から帰朝した禅僧竜山徳見(りゆうざんとくけん)に伴われて来日,塩瀬姓を名のって奈良に住み,まんじゅうを製して業とした。その子孫には《饅頭屋本節用集》の刊行者とされる饅頭屋宗二(そうじ)(1498‐1581)がいる。…

【饅頭屋宗二】より

…戦国~安土桃山時代の商人,学者。姓は塩瀬,名は安盛,字は桂室,林逸・方生斎と号した。父は道太。…

※「塩瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android