塩辛蜻蛉(読み)シオカラトンボ

デジタル大辞泉の解説

しおから‐とんぼ〔しほから‐〕【塩辛蜻蛉】

トンボ科の昆虫。中形で最も普通のトンボ。4~9月に現れ、成熟した雄は腹に青白粉を装う。雌は淡黄褐色でムギワラトンボという。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおからとんぼ【塩辛蜻蛉】

トンボの一種。体長約5センチメートル。雄の体は灰褐色で白粉におおわれる。雌は黄色で腹背面に二本の黒条があり、ムギワラトンボと呼ばれる。春から秋にかけて平地に多い。日本全土のほか、台湾・中国にも分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

塩辛蜻蛉 (シオカラトンボ)

学名:Orthetrum albistylum speciosum
動物。トンボ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しおから‐とんぼ しほから‥【塩辛蜻蛉】

〘名〙 トンボ科のトンボ。体長約四センチメートル。特に雄をシオカラトンボ、雌をムギワラトンボということもある。成熟した雄は腹部背面が灰青色で少量の白粉を生じ、腹端は黒色。雌と未熟な雄は麦藁色で二本の黒い筋が走る。各地の平地に分布するもっともふつうなトンボで、晩春から夏に水辺などに見られる。日本各地のほか、中国、朝鮮、台湾に分布する。しおとんぼ。しおから。《・秋》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android