塵機(読み)じんき

精選版 日本国語大辞典「塵機」の解説

じん‐き ヂン‥【塵機】

〘名〙 俗世に住むことによって生じるけがれた心。俗世におけるたくらみや欲望。
※朝野群載‐二・延喜五年(905)七月二一日・法皇辞封戸御書〈紀長谷雄〉「凡出家本意、為」 〔孟浩然‐臘月八日於剡県石城寺礼拝

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「塵機」の解説

【塵機】じん(ぢん)き

世俗・孟浩然〔臘月八日、県石城寺に於て礼拝す〕詩 はくはの水を承けて 此れより塵(あら)はん

字通「塵」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android