コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界型糖尿病 きょうかいがたとうにょうびょう

2件 の用語解説(境界型糖尿病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

境界型糖尿病【きょうかいがたとうにょうびょう】

耐糖能障害〉ともいう。糖尿病とはいえないものの,血糖値からみると正常ともいえない,境目にある状態のこと。あくまでも検査上の区分を示す表現であって,病名ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

生活習慣病用語辞典の解説

境界型糖尿病

75g経口ブドウ糖負荷試験で、糖尿病型とも正常型とも属さないタイプのこと。糖負荷後2時間血糖値が140-199mg/dLであるとき、空腹時血糖値が110-125mg/dL であるとき、このどちらか1 つでも満たしたときに境界型糖尿病としています。境界型であると、糖尿病になる危険性が非常に高いです。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境界型糖尿病の関連キーワード糖負荷試験空腹時血糖値グルコース負荷試験経口ブドウ糖負荷試験結晶ブドウ糖耐糖能試験ブドウ糖負荷試験経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)経口ブドウ糖負荷試験2時間値(OGTT)耐糖能異常

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

境界型糖尿病の関連情報