境界型糖尿病(読み)きょうかいがたとうにょうびょう

百科事典マイペディアの解説

境界型糖尿病【きょうかいがたとうにょうびょう】

〈耐糖能障害〉ともいう。糖尿病とはいえないものの,血糖値からみると正常ともいえない,境目にある状態のこと。あくまでも検査上の区分を示す表現であって,病名ではない。体内での糖の利用機能に障害があり,ブドウ糖を飲んだ後や食後の血糖値が正常者よりもやや高めになる。 糖尿病は血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を測定することによって診断することができる。75gのブドウ糖を飲み30分ごとに採血して血糖値を調べる〈ブドウ糖負荷試験〉が一般的だが,ブドウ糖を飲まなくても,空腹時の血糖値を調べて,血糖値1dl中110mg以下が正常値,140mg以上だと糖尿病,その中間値だと境界型糖尿病と診断される。 境界型には,その後糖尿病になる人,食事に注意し運動を心がけることによって血糖値が正常に戻る人,一生境界型のままの人と,さまざまのパターンがある。放っておくと糖尿病に移行する人の確率は,境界型の5〜20%といわれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

生活習慣病用語辞典の解説

境界型糖尿病

75g経口ブドウ糖負荷試験で、糖尿病型とも正常型とも属さないタイプのこと。糖負荷後2時間血糖値が140-199mg/dLであるとき、空腹時血糖値が110-125mg/dL であるとき、このどちらか1 つでも満たしたときに境界型糖尿病としています。境界型であると、糖尿病になる危険性が非常に高いです。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android