増田正造(読み)ますだ しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田正造 ますだ-しょうぞう

1930- 昭和後期-平成時代の能楽研究家。
昭和5年1月3日生まれ。早大在学中に桜間弓川(きゅうせん)に能をまなび,かたわら雑誌「能」の編集と批評活動をおこなう。武蔵野女子大に能楽資料センターを開設,昭和63年教授となる。展覧会などの開催により能の普及につくす。東京出身。著作に「能の表現」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増田正造の関連情報